今年のアルゴリズムの変動を振り返って

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

今年のアルゴリズムの変動を振り返って


アルゴリズムの大変動が多発?!

 

 

そもそもアルゴリズムとは

 

もとは「計算方法」という意味の単語で、質問を受け取って結果を返すコンピュータのプロセスと数式です。
Googleではこの検索アルゴリズムを200以上も使用して検索時のランキング付けを行っています。

 

このアルゴリズムが、今年1年間でどのような変動が起きていたかというのをこれからお話させていただきたいと思います。

 

 

 

 

2017年のアルゴリズムの動向

まず年はじめの1月から4月ごろまでは、月に1度大きな変動があるかどうかといった比較的落ち着いた様子でした。

その中でも、Googleの発表によれば、2月には日本語検索において低品質なサイトへの対策が行われ、ユーザーに有用かつ信頼できる情報を提供するサイトが上位へ、低品質なコンテンツ提供をしているサイトの順位が下がるといった確認がされ、
4月にはプロジェクト・アウルと称された信頼性が高いコンテンツを表示されやすく、事実と異なる内容のものや、差別・攻撃的、悪意のあるような低品質なコンテンツの表示ランキングを低下させる目的のプロジェクトアップデートがありました。

そして5月、2017年度最大規模といわれる大変動があり、
(大変動=ここでは10.0位以上の変動を指します。)
さらに6月に入り、この年末まで続くような大変動の始まりがみられました。

この要因として、医療や健康に関するクエリに関してのアルゴリズムのアップデート内容が絡んでいるのではないかと推測されます。

さらに8月17日を境に大変動が目立ってきたことから、大きなアルゴリズム調整が行われてることが考えられ、
9月20日には、変動幅14位と、ここ1年で最も活発な順位変動を記録してます。

11月に入ってからも10月に続き、連続で目立った変動が見られています。
特に「住宅・引越し」「美容・ファッション」「健康と医学」「就職・転職」のジャンルでは大変動が続いているとみられ、総合的にも2017年下半期は大変動が続いており、最近は少し落ち着いてきた模様ですが、こんなにも長い期間大変動が続くのは珍しいことだと推測されます。

 

 

その要因の一つとして、Googleが公式発表しているもので「医療や健康に関する評価方法のアップデート」といったものがありました。
この発表によると、医療や健康に関する日本語検索の結果の改善を意図したものになり、医療機関から提供されるような信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなっています。

 

 

そして今回のアップデートで医療、健康に関する検索のおよそ60%に影響があるとGoogleは発表しています
ただ専門用語など難しい言葉をあまり入れすぎると一般ユーザーからの検索で見つかりにくくなるので、この様な点にも注意しつつ改善される事をお勧めします。

 

 

 

参照URL:ウェブマスター向け公式ブログ
医療や健康に関する検索結果の改善について

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

 

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.