Google、新しいアルゴリズムは人工知能(AI)のRankBrain(ランクブレイン)

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

Google、新しいアルゴリズムは人工知能(AI)のRankBrain(ランクブレイン)


pc

 

人工知能(AI)をベースとした新しいアルゴリズムのRankBrain(ランクブレイン)をGoogleが使用している事が明らかとなりました。

 

・RankBrain(ランクブレイン)とは?

 

RankBrain(ランクブレイン)とは人工知能(AI)をベースにしており、曖昧となる言葉や言語を把握し意味を理解して学習し日々進化を続けると言われております。

言葉の意味を的確に理解する事から自動で同じ意味かどうかを解釈し処理する能力となり、その正確性はGoogleのエンジニアによりますと期待通りに機能していると言われております。

 

ランクブレイン

 

 

現在でRankBrain(ランクブレイン)はどのくらいの役割りをいつから果たしているのかという問いに対してGoogleは検索クエリの15%を処理しており、数ヶ月前から適用していると言われております。

 

また重要性に関してましては検索結果の表示のされ方や検索順位の位置づけを決める際に数百ものランキングシグナルをGoogleは使用していますがその中でもRankBrain(ランクブレイン)は3番目に重要なシグナルと言われており検索クエリの非常に大きな役割をRankBrain(ランクブレイン)が処理をしていると考察されます。

 

【参照URL】Google Turning Its Lucrative Web Search Over to AI Machines

http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-10-26/google-turning-its-lucrative-web-search-over-to-ai-machines

 

・RankBrain(ランクブレイン)の対策

 

ランキングシグナルと聞きますと実際に順位に関わる為、SEO対策においてとても重要でRankBrain(ランクブレイン)に対する対策をしなくてはならないと考えてしまいがちですが、実際はクエリを処理する1つのツールではないかと推測されております。

自動で噛み砕いた文章や言葉のニュアンスの違いなどを把握しより近いもしくは同等の意味合いを持つ単語や文章に紐づける事となります為、RankBrain(ランクブレイン)を意識した対策としましては、今まで通りのSEO対策通りで特に意識をして変える必要性はないと考察されます。

 

Googleで検索をするユーザーにとって有益と思える情報(コンテンツ)を作成し、Googleの検索エンジンとマッチしたサイトがSEO対策として今回のRankBrain(ランクブレイン)にもプラスに働く可能性が考えられます。

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.