SEO対策と併用したいWEB広告(リスティング広告)

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

SEO対策と併用したいWEB広告(リスティング広告)


SEO_listing

SEOとリスティング広告にどのような共通があるかと言いますと、「どちらもGoogle検索で限られたキーワードを通しユーザーをWEBサイトに導く」という事、目的のキーワードでユーザーの獲得を目指したいサイト管理者は既にSEOと併用してリスティング広告を始めている管理者が多いかと思われます。

 

・SEO対策の考え方

 

WEBサイト管理者の方も様々な要素を含むSEO対策を行っているかと思われます。自身のWEBサイトを特定のキーワードで上位表示させる為には極論から言いますと訪問ユーザーに好かれるサイトを作る事が理想です。

 

昔はSEO対策イコール外部リンクに注力すれば順位の上位表示が可能となっており、外部リンクの質やリンクされるWEBサイトのコンテンツを含めた質よりもリンク量だけで上位表示が目指せておりました。

 

しかし、現在のSEO対策は外部リンクだけで順位を向上させる事は厳しく内部のコンテンツ影響が大きく関わっており、Googleが推奨しております。

 

内部の質を高める為には基本的となる各ページのTitle、description、H1などはもちろんコンテンツの量と内容の伝わりやすさユーザーにとって本当に必要となる情報が掲載されているのかどうか、そして重複コンテンツや他サイトからの引用文でない事などが挙げられます。

 

ユーザーにとって有益である情報を提示しているか、またサイトに誘導できたユーザーが離脱しないようページ表示速度やボタンの配置、モバイル対応など様々な個所で競合となる他社サイトよりも優れているかなど、様々な情報を届ける事が出来るWEBサイト管理者としてユーザーを意識した対策は日頃から検討、検証する事は役目であり目標へ近付ける近道でも御座います。

 

 

参考サイト:検索エンジンスターターガイド

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.co.jp/ja/jp/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

 

 

このようにSEO対策(キーワードでの上位表示)ではWEBサイトの改善を含めた上で良質となるコンテンツが含まれたサイトからの推薦(外部リンク)などが重要となりますが、既にどちらも対応しているがなかなか順位の向上が難しい場合、また競合他社が大手など強いコンテンツを常に維持しており張り合える状況ではない等、そのような場合は次のリスティング広告を検討して頂くことで更なる打開策が打てる可能性がございます。

 

 

・リスティング広告の考え方

 

 

リスティング広告とは検索エンジンでユーザーがキーワードで検索を行った際に検索結果に連動して表示される広告の事をリスティング広告または「検索連動型広告」を言います。

 

主にGoogle(GoogleAdWords)とYahoo!(Yahoo!プロモーション広告)が広告媒体となります。広告枠と分かれてはいますがSEOと同じく検索結果に表示される為、様々な業種の利用者が多く見られます。

 

 

狙いたいキーワード単位で広告の出稿が可能なため、今すぐに購買に繋がるユーザーが検索するであろうワードから現段階では興味がある程度となるユーザーが検索するであろうワードまで試す価値が十分にございます。また、広告枠からサイトまたはLP等へクリックしたユーザーに対して広告を配信する事が出来るリマーケティング配信(Google)リターゲティング配信(Yahoo!)を行えます為、確実にキーワードの目的意識が高いユーザーに対してプッシュする事が可能となります。

 

リスティング広告の表示順位に関しましては広告の品質(広告文、飛び先となるLPやWEBサイトとの関連)やキーワードの入札価格により異なりますが入札価格が他社よりも上回っている事で検索結果1ページ目の上位に表示される可能性が高くなります。

 

特に通販サイトや学習系サイトなど商品名=キーワードとなりえるサイト管理者にお勧め致します。例えばSEOから購買に繋がるワードとしましてはビックワードよりもスモールワード(ロングテールワード)の方が訪れたユーザーの目的意識が高い為、購買に繋がる可能性が大きくなります。
≪例≫

「靴 通販」で検索をしているユーザーはどのような靴を求めているのか?メンズ?レディース?ブランド?種類?

に比べて

「スニーカー メンズ (ブランド) 通販」

はどうでしょう?更に商品名などが入っている場合は、購買欲が強いユーザーと確認できます。

 

SEO対策としては必ず狙いたいワードとなりますがスモールワード(下層ページ)へコンテンツの量などすでに多くのページを作成しており基礎的な部分を治すにも時間が掛かりすぎてしまう等が懸念されますのでそのような時にリスティング広告を体験する事もお勧めとなります。

 

SEOと圧倒的に異なる部分としましてSEOはオーガニック検索枠となります為、長期に渡る対策となり反面リスティング広告は短期で成果が見込める事となります。

 

 

とは言っても広告となると大きなお金を動かすこととなるのでは?と思ってしまいがちですが、リスティング広告はそんなことはございません。リスティング広告はクリック課金型の広告となります為、逆にユーザーがキーワードで検索し広告をクリックしなければ料金がかかる事はございません。また、クリックの単価を調整する事ができますので低予算でも効果を上げる事は十分に考えられます。

 

 

・デスクトップPCのリスティング広告、右枠が廃止

 

 

2月20日に全世界でデスクトップPCの検索結果画面の右側となるリスティング広告枠が廃止され、表示されなくなっております。

 

現状で右側のリスティング広告枠が無くなった原因としましてはGoogleは以前からモバイル検索に力を入れております。その為モバイル表示に合わせたのではないかという情報が有力となっております。

 

また右枠が無くなる一方で特定の広告になりますが検索結果上部の3枠に1つ枠が追加し4枠になる事を公表しております。

 

昨年の2015年段階でモバイル検索ユーザーがデスクトップPC検索ユーザーを追い抜いている状況となりますのでGoogleがモバイル検索をどれだけ意識しているか、今回のリスティング右枠の廃止で改めて分かります。

 

今後想定される懸念点としましてはデスクトップPCでのクリック率が下がる可能性があります為、今後もGoogleの動向に注視して参ります。

 

 

参照URL:Confirmed: Google To Stop Showing Ads On Right Side Of Desktop Search Results Worldwide

http://searchengineland.com/google-no-ads-right-side-of-desktop-search-results-242997

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.