コピーページ

成果報酬SEOの見積を依頼

SEO用語集

コピーページ

コピーページ

コピーページとは内容は同じだけどアドレスが違うページのことで、オリジナルとは別のコピーページとなります。
Googleでは同じ内容のサイトがあると、1つだけ検索結果に表示して、他の同じ内容のサイトは表示しないようにしています。
SEO目的にコピーを行っているとペナルティーとして表示結果が下げられてしまうこともあります。
また、コピーしたサイトのほうが、オリジナルのサイトよりも検索結果で上位表示されてしまうことがあります。
オリジナルサイトの方がコピーした方と判断されて順位を下げられてしまうのです。
コピーする者はRSSフィードを取得し自動的にページを作成していますので、RSSで全文配信すると全文コピーされる事が多くなりますので注意しましょう。

◎お役立ち情報

コピーページを増やすのはやめよう
コンテンツの内容が重複しているコピーページをSEO目的で大量作ると、検索エンジンのGoogleからペナルティーを受けて、検索結果から下がってしまうことがあります。
昔のSEOでは有効でしたが、最近では通用しなくなってきました。
コピーページを外部の人間からアフィリエイト目的などで作られているときはRSS配信を遅らせると良いと言われています。
オリジナルの自サイトの表示を下げられたくないときはしっかり対策しておくと良いですね。

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.