「コンテンツ周りの情報とやっておくべき設定」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「コンテンツ周りの情報とやっておくべき設定」

 

Google Discoverに掲載される為に!

 

※Google Discover:スマホのGoogleアプリ・モバイルでのGoogle検索にて、過去の検索内容やGoogleアカウントの情報などを元とし、ユーザーに対し興味関心のありそうな情報を表示するフィード機能のこと。

 

Google Discover経由の流入はサイトに突発的な多くのトラフィックを生むことより「Google砲」とも呼ばれています。

 

このGoogle Discoverに掲載されるコンテンツですが、ニュースサイトの記事だけではないとGoogleのジョン・ミューラー氏が答えています。

 

但し、確かな傾向としては、大手のニュースサイトやメディアサイトの記事が 掲載されやすいようです。

しかしながら、犬のサイトの記事でも表示されるかもしれないとミューラー氏は答えており、実際に個人ブログの記事もDiscoverに掲載されております。

つまり、Googleがこれはユーザーに興味関心のあるものだろうと判断すれば Discover には掲載される可能性があるという事になります。

それはジャンルや大小の規模を問わずにチャンスがあるといえます。

 

この可能性を高める為に知っていてほしいのが、コンテンツの鮮度です。

新しいコンテンツであることがとても重要です。加えて、日々更新しているサイトがDiscover に掲載されやすくなるとお考え下さい。

 

サイト内の評価を上げる為にもコンテンツの鮮度は大切な要素の一つです。

Discoverの掲載を狙う上でも重要視されますので、日々の更新の積み重ねをより注力される事をお勧めします。

 

※但し、Googleがユーザー に関連があると判断し、「古い記事」でもフィードに出てくる事があります。(言語を英語にしている場合)

 

ユーザーに関連するのであれば、英語のみならず、日本語でも出てきてもよいと思いますし、

ユーザーにとっても有益な情報になると思うのですが。。

 

ともあれ、個人サイトでも掲載はされるので、Google Discoverの掲載を狙いたい方は、

コンテンツの新しさを意識し、日々の更新に注力してみては如何でしょうか。

 

 

詳細ページの量産と少数ページの強化はどっちが効果的?

 

昨今のSEOはコンテンツが重要視されるという言葉はもう聞き飽きたという方は多くいるかと思います。

しかしながら、Googleが文字を読み、検索に対しベストアンサーを返すには、やはりコンテンツが重要視されるのは当然の事と言えるでしょう。

 

いざコンテンツを書こうと思っても手法に悩む事もあるでしょう。

例えば、記事のテーマは決まっているものの、

・テーマを細かく分けてページを量産する

・少数のページに纏めて公開をする

というように、量産型でいくか、纏めて強いものでいくのかといった場合です。

 

Googleのグーグルのジョン・ミューラー氏が非常に役立つアドバイスをしてくれています。

 

「ページを分けるよりも一つのページを強くしていく事を勧める」というもの。

Googleの人がそういうならと迷いがなくなりますよね。

 

但し、こうも言っています。

 

「ゆくゆくは細分化しても良いが、一般的なサイトであれば初めのうちは大量にページを作成するよりも少数のページに集中したほうがいいだろう」というもの。

 

初めのうちはという点が気になりますよね。

ユーザーの検索に応えるコンテンツが重要視される中で、より多くのユーザーのニーズに応えるのであれば、テーマを細かく分けてすべてを強めていく事がベストでしょう。

 

しかし、どちらかの選択に迷ったとき・まだ自身のサイトのコンテンツ構成は十分なのか?と疑問に思うのであれば、少数のページに集中し、強化していく事をお勧めします。

主観的要素も入りますが、内容の薄いページをただ量産するよりも、信頼性のおける強い少数のページの方が、ユーザーにとって優しいのではないでしょうか。

 

 

注目すべきファビコン設定

 

Googleのモバイル検索結果にサイトのファビコンが5月から表示されるようになったのをご存知でしょうか?

 

※ファビコン:WEBサイトのシンボルマークとして、運営者がWEBサイトやページに配置するアイコンのこと。

 

そういえばそんなものがあると思い当たる方もいる筈でしょう。

ここお伝えしたいのは、そんなものとだけで終わってほしくないという事です。

折角自身のサイトのシンボルマーク・イメージがアイコンとして設定できるのに使わないのはとても勿体無いのです。

たかがアイコンと思う方は必見です。

 

ファビコンの表示によって検索結果のクリック率が明らかに上がったサイトが存在します。

 

考えてみてください。今や生活に欠かせないSNS。

例えばインスタグラムで考えてみましょう。プロフィールにアイコンがある人とアイコンがないのとどちらがフォロワー数が多いと思いますか?

圧倒的に前者の勝利でしょう。

本物かどうかは分かりませんが、やけに美人のアイコンで投稿数が少ないにも関わらず、フォロワー数が数千規模というアカウントはざらにみます。

視覚がどれだけ人に印象を与えるかという点で考えると、ファビコンは設定すべきです。

 

以下、設定時におすすめのポイントとなります。

 

・サイズは48ピクセルの倍数

・透過は使わない

・複雑なものにはしない

・正しく指定をする

・あなただけのファビコンに

 

こちらは決して難しい事ではありません。どなたにも役立つ情報と言えるでしょう、

まだ設定していない方は、この機会に設定してみては如何でしょうか。

 

 

低品質なコンテンツの対処法

 

あなたのサイトに低品質なコンテンツが存在した場合、あなたは3つの中で何を選択しますか?

 

1:改善する

2:削除する

3:noindex 設定する

 

Googleが最も推奨している対処法は1の 改善する です。

コンテンツの質が低いと判断したならば、修正を行い、品質を高める。破棄はせずに再生することが理想だというものです。

 

あくまで”理想”に着目して説明を続けていきます。

 

1番の理想は改善です。しかし、低品質なコンテンツが存在しているページが大量にあった場合はどうでしょうか。1ページ1ページ修正していくのには気が遠くなる労力が必要になります。

※低品質なコンテンツが存在しているページが大量にある時点で問題です。。

 

この場合、もうそのテーマ・トピックは不要だと判断した場合には「削除」という事でもよいでしょう。

 

また、ECサイトなんかで商品を列挙したリストページが存在している場合があったとします。

商品名称とそれに対する簡単な説明が書かれてきるだけで、それ単体で特に独自の特徴がある訳はではないもの。

しかし、こういったページを利用するユーザーがいないとは限りません。

この様に、コンテンツとして低品質ではあるものの、利用するユーザーの事を措定するのであれば、noindexを設定するとよいでしょう。

そうする事によって。Googleの検索結果には出てきませんが、ユーザーは利用する事が可能です。

 

前述の様、Googleが最も推奨している対処法は1の 改善する です。

しかし、 3つの対処法からサイトにとって最も適切なものを選ぶことも大切です。

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.