「Googleマップを活用したMEO集客」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「Googleマップを活用したMEO集客」

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
本年度もどうぞ宜しくお願い致します。

 

今年は2020年。東京オリンピックもあり、東京に多くの外国人の方で賑わうことでしょう。
弊社は新宿にオフォスがあるので、オリンピック時には、朝の通勤に支障が出ないかと心配な面もあります。

 

オリンピックでワクワクしますが、筆者と同じような不安をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?

 

働き方改革の実施に伴い、リモートワーク(会社ではなく在宅で仕事を行うこと)の実施を導入している企業も増えてきました。
”仕事における時間の効率化を図る”という面においては、通勤するだけでくたくたな状態で仕事をするよりもよっぽど生産性があると思います。

 

 

新しい働き方にも注目の1年になりそうです。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、Webマーケティングの集客施策にも新しい手法は当然ながら求められるようになってきます。

 

 

Webマーケティングの集客施策にも様々な手法が存在し、自然検索で上位表示を目指すSEOと、広告がクリックされると費用が発生するリスティング広告もその手法の1つです。

 

 

SEOは、検索エンジン最適化と呼ばれ、Googleの最適化を図り、数多く存在するGoogleのアルゴリズム(ルール)をより多く満たし、Googleが推奨する方向へと合わせていく必要があります。

 

 

SEOを実施することにより、サイト自体が強化され、結果的に訪れたユーザーにとって利便性の高いサイトへと導くことが出来ます。
但し、昨今のGoogleの進化=Googleが求める要素が高くなっている為、難しくなっているのが現状です。

 

 

上位表示だけを目指すのであれば、リスティング広告が手法として挙げられますが、1クリックで課金されてしまう事、上位に表示されたとしても、”広告”と表記されてしまうことにより、広告を嫌うユーザーからは懸念されてしまうという場合もあります。

 

 

SEOはサイトが強化される為、訪れたユーザーにとって有益な情報を提供するという事を踏まえ、実施しておくに越したことはありませんが、Googleに評価をされるまでに時間がかかってしまうことにより、その間にリスティング広告を実施している、若しくは同時に対策をしているという方もいるでしょう。

 

 

その他にも集客手法があるのをご存知でしょうか?

 

 

SNSを使った手法ではなく、Googleが提供している、私達ユーザーが頻繁に利用するものを活用した集客方法です。

 

 

それが、Googleマップを活用したMEO集客です。

 

 

地域×キーワードで検索を実施した際、Googleマップに表示されている店舗や医院ルート案内に頼ったことや予約電話を実施に行ったという経緯はありませんか?

 

 

営業時間も記載されており、いつやっているのかが簡単に分かりますし、凄く便利ですよね。

 

 

地域×キーワードで検索すると、SEO枠よりも上にGoogleマップが表示され、3つの店舗情報が表示されます。

 

 

MEO集客とは、その3つの店舗枠に表示させるものです。

 

 

【SEOとMEOの違い】

 

 

・SEOはGoogle(検索エンジン)の最適化を図りWebサイトの上位表示を目指すもの
・MEOはGoogleマップの最適化を図り、Googleマップのフィールドで上位表示を目指すもの

 

 

MEOの強みはなんといってもSEOよりも上位に表示されることにあります!
また、場所×キーワードで検索=マップ表示をクリックで店舗まで即誘導が可能な為、集客にとても効果を発揮します。

 

 

【国内における検索エンジンのシェア】

 

2019年11月時点では、実に74.1%がGoogleを活用しています。

 

 

【エリアによって検索結果が変わる】

 

地域によって検索結果が変わるのはご存知かと思います。
北海道と沖縄で「ラーメン」で検索した際、同じではない筈です。
では何Googleは検索結果を変えるのでしょうか?
それは、各位地域で異なる検索結果を返す方が、ユーザーにとって利便性が高いとGoogleが判断しているからです。

 

よってMEO集客を実施する上では、順位チェックツールの重要性が問われます。

 

 

弊社でも、2020年より新たなサービスとしてMEO集客をリリースさせて頂きました。

 

 

 

何度も言いますが、SEO対策は非常に重要です。
しかし、難しくなっているのが現状です。

 

 

2020年、店舗お持ちの方はMEO集客という新たなWebマーケティング手法に取り組んでみては如何でしょうか。

 

MEOの対策キーワードは、SEOと考え方が異なることが特徴で、間違ったキーワードで対策をした場合、表示されない・表示されても集客に繋がらないといったケースに陥る場合がございます。

 

 

ご興味がございましたら、担当スタッフまでご相談下さいませ。

 

それでは改めまして、本年度も宜しくお願い致します。

 

 

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.