「他サイトとの差別化とページの在り方を学ぼう」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「他サイトとの差別化とページの在り方を学ぼう」

 

コンテンツとサイトにおける差別化

SEOにおいて非常に重要な要素であるコンテンツですが、他のサイトと同じコンテンツを公開してしまい、重複コンテンツとなってしまうケースもあれば、
同じようなコンテンツを扱うサイトが多く存在するため、自身のサイトが埋もれてしまっているというケースもあります。

 

Googleは、独自で、人を引き付ける高品質なサイト(魅力的なサイト)を上位に表示しようとします。

 

 

この条件がそろわないことには、上位表示が難しいのです。

 

 

では、どうしたらよいでしょうか?

 

 

他と差別化を図ることに注力しましょう。

 

 

簡単ことではありませんが、多くの類似サイトの中で、目立たせることが必要なアクションとしては、
コンテンツやサイトを、他のサイトよりも著しく差別化を図ることです。

 

 

・発信するコンテンツの内容
・サイトの機能

 

 

Googleが、これは検索結果で目立たせたいと判断するようにしていくことが重要です。

 

 

別のサイトでも同じものが手に入る商材を扱っている場合は特に重要ですが、
実はこれって、多くの業種に該当します。

 

 

あなたのサイトから購入するのは何故?
あなたのサイトから予約や申込みをするのは何故?

 

 

検索するユーザーに対し、あなたのサイトからアクションを起こしたくなる、理由を提示す必要があります。

 

 

実施する際には、「付加価値」 を入れていきましょう。
他のサイトにはない価値ある独自の情報をユーザーに提示していきましょう。

 

 

メーカーが提供している説明文をコピペし、リライトしたとします。
これって独自ではありませんよね。
他のサイトと何の差別化にもならないのです。

 

 

大前提として、独自で、そこでしか得られない「付加価値」のある情報を発信するようにしましょう。

 

 

類似するサイトであっても、あなたのサイトだから肉付けできる「付加価値」が2、3個はあるのではないでしょうか?

商材が被るような場合には、他サイトよりも、さらに掘り下げた詳しい情報の追加という手段もありますし、
独自のデータを付け加える事も方法のひとつです。画像や動画で他サイトと差別化を図ることも勿論有効です。

 

 

ページ数が沢山あるサイトであれば、キラーページ(稼ぎ頭のページ)から、
独自で、付加価値のあるコンテンツを作成してみては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

内容が薄いページと、古くてアクセスのないページは用済み?

 

ページ数が多くなってくると、いつの間にか、ページの中身が乏しいページが大量に存在しているというサイトって結構ありますよね。

 

 

2.3行で完結してしまうような内容が薄いページです。

 

 

ページ数が多いですが、数行のぺージが大量にあったら、ユーザー・Googleの双方には中身のないサイトと思われてしまうでしょう。

 

 

既にこういったサイトになっている場合、少数ページにまとめ、強いページを作ることを推奨致します。

 

 

乏しいコンテンツしかないページを大量に作るものではなく、
数を絞り込み、高品質なページを作るへシフトしていくことを考えてみることも重要です。

 

 

むやみにページ数を増やすのではなく、ユーザーが求める価値のあるページを1ずつ作っていくことが、Googleの評価にも繋がることでしょう。

 

 

また、古くてアクセスのないページが存在している場合にも、そのままにするのか、削除した方がよいのか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか?

 

 

Googleのジョン・ミューラー氏が、以下のようなアドバイスをしていました。

—————————

経過した期間
現在のトラフィック

ではなく、

サイトに対する価値
ユーザーに対する価値
を重視するだろう。

—————————

 

 

古くてアクセスのないページでも、ユーザーとサイトに対してどんな価値を提供できるかに重きをおいていますね。

 

 

古くてアクセスもないとなれば、そのページをどうしようかと悩むのは分かります。

 

 

古くてアクセスがないページが存在しているという理由で評価が下がることはなく、
過度に削除を気にする必要はないでしょう。

 

 

ユーザーは、最新の情報を知りたいだけではなく、古い情報を探している人もいるかもしれません。

 

 

もし、その古いぺージの内容に価値があれば、最新の情報に更新するという手法も有効です。

 

 

医療系など、常に最新の情報を求められる分野は、定期的な見直しを推奨致します。

 

 

ただ、本当に必要のないページと判断したのであれば、削除の選択も間違いではなく、下手にユーザーに誤解を招くことがなくなるでしょう。

 

 

 

コンテンツとサイトにおける差別化の重要性と、
内容が薄いページ及び、古くてアクセスのないページの対処について記載してみました。どちらもコンテンツに関連したものになっておりますので、ご参考になれれば幸いです。

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.