「基本が重要!SEO対策6選」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「基本が重要!SEO対策6選」

 

昨今のSEOGoogleの目覚しい進化と共に求められる要素も多くなり、どれから手を付けたらよいかが分からなくなってしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

SEO初心者の方もそうでない方も復習を兼ねて基本の考え方と、SEOに重要な6つの対策をご紹介していきたと思います。

 

 

 

基本的な考え方

皆さん、当然ご存知だと思いますが、SEOの意味は「検索エンジン最適化」ですよね?

では一体何を最適化するのでしょうか?

簡単に言うと、Webサイトの内容をGoogleの検索エンジンに理解してもらいやすくするように最適化し、運営しているサイトでユーザーへ伝えたい情報を正しく伝えられるように最適化を行います。

 

 

SEO対策の準備

SEO対策は行なおうとしてもすぐに実施するものではなく、事前準備が必要です。というよりも、事前準備を怠ってしまうと、SEOの方向性が定まらないため、結果として求めるようなSEO対策は出来なくなってしまいますので、事前準備はきちんと行いましょう。

この事前準備として最も重要となるのが、「キーワード選定」です。

対策するキーワードをきちんと定めた上でSEO対策を行うのが重要です。

 

キーワード選定は、サイトのテーマと目的を明確にし、ターゲット設定とペルソナの設定(理想の顧客像のイメージ像を作る)を行い、しっかととゴールを見据えて選定するようにしましょう。

また、検索ボリュームの調査や競合サイトのチェックも行うようにしましょう。

GoogleキーワードプランナーやGoogle Search ConsoleといったGoogleが提供するツールも活用してみましょう。

 

 

SEO対策6

ここからが今回の主となる基本として抑えておきたい6つのSEO対策です。

 

 

1:タイトルタグの設定

 

検索エンジンはテキスでサイト・ページの内容を判断しますから、検索エンジンにページの内容を正しく伝えるように各ページのタイトルタグは適切に設定するようにしましょう。

タイトルタグ記述のポイントとしては、狙うキーワードを入れつつも、詰め込みすぎず、完結にそのページの内容を記述するようにしましょう。文字数の決まりはありませんが、30文字前後を目安にするとよいでしょう。

 

 

2:検索意図に対応するページを設ける

 

運営しているサイトにはまだ存在しない検索意図に対応する新たなコンテンツの作成は重要です。ユーザーが検索するであろうキーワードの検索意図に答えるためには、サイトに専用のコンテンツがなくてはなりません。専門のコンテンツが用意されていればユーザーも勿論満足します。

ここで必要になるのは、ユーザーの検索ワード。つまり、入口となるキーワードの選定が重要です。

キーワードを選定したら、実際にそのキーワードでの検索結果がそうなっているのかを自身できちんと確認し、どのようなサイトが上位表示しているのかのイメージを持ち、ユーザーの検索意図に答えられるようなコンテンツを作成しましょう。

 

 

3:内部リンクの最適化

 

いくら品質の高いコンテンツを用意できたとしても、ユーザーがそこにたどり着けなければそのコンテンツは宝の持ち腐れです。

関連性の高いコンテンツ動詞は内部リンクで繋げ、サイトに訪れたユーザーにとって情報を探しやすくしましょう。ユーザーが探しやすいサイトは、Googleもクロールしやすいサイトとイコールです。

 

 

4:コンテンツの信頼性

 

Googleには膨大な量のコンテンツが存在します。Googleは、その中からユーザーが検索した際に適切だと判断するコンテンツを表示させるようにしています。

その際に重要となるのが「信頼性」です。このコンテンツをユーザーに表示させれば、ユーザーはきっと満足するだろうとぐは判断して答えを検索結果として返します。

ですので、コンテンツには、できるだけ信頼性を高めるために調査したデータがあればそのデータについても触れるようにするなどし、信頼性を高めていきましょう。

 

 

5:サイトのPR活動

 

SNSを使った活動もSEOに関連してきます。人は共感したら拡散したいと感じますから、SNSを活用してサイトをPRしていくことで、多くのサイトの情報がネット上で増えていき、リンクの獲得もきたいできるようになってきます。リンクの獲得はSEO対策をする上で、重要なシグナルになりますから、やれることは実施しましょう。

 

 

6:ページスピードの向上

 

ページスピーとが遅いと、ユーザーが離脱してしまう率も高くなりますし、1度訪れたユーザーはページスピードが遅いだけで、もう2度とサイトにが訪れてくれなくなるというケースもあります。

人はその位ページ速度を気にするものです。

サイト内に優れたコンテンツがあっても、その前に離脱されてしまったとしたら勿体無いですよね。

ページスピードは、Google Search Consoleと、PageSpeed Insightsで確認できますので是非活用するよにしましょう。

 

 

 

 

 

基本として抑えておきたい6つのSEO対策をご紹介させていただきました。どれも重要ですが、決してできないことはないと思います。

6つの中で優先順位をつけ、できる所から見直しと改善していくのでも良いでしょう。

11月にはコアアップデートも実施されました。アップデートの影響を受けにくくするためにはサイトの基本がしっかりしている必要があります。

今年ももう少しですが、年末年始のゆっくりした時間のどこかでサイトの見直しを行ってみるのもよいのではないしょうか。

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.