「共起語を用いたコンテンツの関連性」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「共起語を用いたコンテンツの関連性」

 

SEO 対策に取り組んでいる人で一度は耳にしたことがあろう「共起語」をご存知でしょうか?

共起語をものすごく簡単に説明すると、あるキーワードとセットで使われることの多い言葉を意味します。

 

分かりやすい共起語のイメージ例

 

・「SEO」

「外部リンク」「コンテンツ」「Google」

 

・「ダイエット」

「運動不足」「消費カロリー」「ランニング」

 

・「東京 観光」

「はとバス」「東京タワー」「スカイツリー」

 

 

現在の Google はコンテンツを非常に重要視しております。

そのような中で「品質の高いコンテンツ」を発信していくのは難しく、何を基準にコンテンツを書けばよいのかが分からないという人も多くいるでしょう。

 

明確なコンテンツの正解という点に関しては、全ては Google のみぞ知るというのが答えになってしまいますが、ただやみく

もにコンテンツを書くのと、自分の中で意識をしてコンテンツを書くのとでは Google も捉え方が変わってくると考えられます。

 

目印を持つことは SEO を実施していく上で重要なことだと考えます。

 

目印の大事な一つとして”関連性”が挙げられます。

同じジャンルで同じようなキーワードを狙っているサイトがあったと仮定した場合、関連性を意識して取り組むサイトと取り組まないサイトでは全く異なるサイトになっていくと考えられます。

それは発信していく情報(コンテンツ)が異なるからです。

 

例えば、title タグの要素で考えてみましょう。

 

サイトに新たなページを追加した場合、title にそのページに記載されている内容と全く関係ない単語を入れてタイトルを作りますか?

きっとしないですよね。

 

多くの方はそのページに記載されていて、最も何を伝えたいかを考えその要点を絞って記載すると思います。

更に SEO を強く意識している人であれば、サイト全体で狙っているキーワードまで考慮して title を考えるでしょう。

その際にキーワードを詰め込み過ぎていないかという所までを考え、関連性の高い言葉を用いてタイトルを完成させるという人もいるでしょう。

 

title タグ一つでも関連性を意識するかしないかで、少なからず結果は変わってくると思います。

微量であってもその積み重ねの結果が Google への評価に繋がっていくものと考えます。

 

これをコンテンツに活かさない手はないと思いませんか?

 

 

 

・関連性を意識したコンテンツ

・関連性を意識していないコンテンツ

 

同一ジャンルで上記の二つで構成されていくサイトでは決定的な違いが出てきます。

何かお分かりでしょうか?

 

それは“優位性“です。

 

コンテンツを書く人が違えば内容が異なるのは当然といえば当然ですが、二人の人が関連性を意識して同一ジャンルのコ

ンテンツを書いた場合、内容は異なり 0 ますが世の中に二つの有益になり得るコンテンツが存在すると言えます。

 

一方、関連性を意識しないでコンテンツを書いた場合には目印を何も活用していない状態で書いていますから、コンテンツの中身が薄い内容になっている可能性が極めて高いことが想定されます。

 

例えば「タイカレー 作り方」というキーワードでコンテンツを書くとします。

 

関連性を全く意識しないコンテンツで出来上がる想定としては、自身のタイ旅行の体験談を含むものが挙げられるでしょう。

 

「タイ旅行に行ったときに食べたカレーの味が忘れられず、食べたお店の人に作り方を聞いておけばよかった」のようなものですね。

 

決して悪いものではないのですが、上記はタイ旅行の感想文の一部にすぎません。

 

これを作り方に特化して共起語を用いた関連性を意識したもので書いた場合、有益なコンテンツが出来上がることが想定されます。

 

「タイカレー 作り方」で検索するユーザーの心理は、自分が食べたいと思うタイカレーのレシピを知りたいというものが最も多いと考えます。

 

ですから、タイカレーの作り方の手順を記載していくことが好ましいですが、その中で他のコンテンツと差別化を図る目的も含め、共起語を活用します。

 

 

 

「タイカレー」の共起語で連想できるものとしては「ココナッツ」「スパイス」「ナンプラー」そして「エスニック」なんていうのもありますよね。

連想できる言葉を上手く作り方に含めて記載したとしたら、「タイカレー」に関連する多くの言葉を用いた「タイカレー 作り方」のコンテンツが出来ることが想定されます。

 

これって検索するユーザーの心理の多くの割合を満たせる目印になると思いませんか?

少なくとも旅行の体験談の記事よりは検索意として多くの割合を満たせるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

Google での上位表示は Google が知っています。

そして Google は「高品質なコンテンツが重要」であるヒントを与えてくれています。

私達はそのヒントを元にどうしたら Google に好んでもらえるのかを考え予測して目印を立てて実行することができます。

 

共起語を用いた関連性の意識はその中の一つだと思います。

是非、コンテンツを書く際には関連性を意識してみることをお勧めさせて頂きます。

 

 

 

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.