オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成

2013年9月12日、 オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成したことがGoogleのマットカッツ氏より明らかになりました。

 

オーソリティのあるサイトとは

オーソリティがあるサイトというのは「その分野の情報提供サイトにおいての権威」に位置づけされるもので、所謂「誰もが認める昔からの大規模なサイト」という認識で良いかと思います。今回、上記の情報発表にて、オーソリティのあるサイトの順位評価が強まるアルゴリズムが出来上がったということが分かりました。

 

よりユーザーを意識した検索結果へ

オーソリティがあるということは、その分野において誰もが求める情報を発信しているということですので、検索ユーザーにとってはそれが最も求める内容になり得るケースがほとんどです。いち早く確認したい情報を、信用できるサイトで確認したいとユーザーは考えています。

これにより、大きな変動がある可能性が懸念されます。今後、どのようなタイミングでこのアルゴリズムが適用されていくかは分かりませんが、この動きによりサイト規模と内容が加味された検索順位評価の傾向がより強まって行くことが考察されます。

 

小規模サイトはどうなる?

また、オーソリティのあるが評価されるアルゴリズムが出来上がった一方、GoogleのMatt Cutts氏のTwitterより、「小規模でも良い情報がみることが出来るサイトについて」を、ユーザーに直に意見を求めております。

https://docs.google.com/forms/d/1Czwk15Yc_-zcnnlvqTuspEnz2Sn3Aw2JxhkWvoVxVS4/viewform

これがどのように今後のアルゴリズムに関わっていくのでしょうか。いずれのような形にしても、ユーザー目線でのアルゴリズム変更は今後も続いていくことが予想されます。

 
 

SEOHopperの見積もりを今すぐ申し込む

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.