『新しいSearchConsole(ベータ版)がほぼすべてのユーザーに対して利用可能に』

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

『新しいSearchConsole(ベータ版)がほぼすべてのユーザーに対して利用可能に』


 

 

新しいSearchConsoleベータ版の公開が、これまではGoogleが選んだ一部ユーザーのみにされていましたが、今年に入って間もなく、ほぼ全てのユーザーを対象にベータ版を展開完了との案内がありました。これにより通知が来ていなかった方も有効になっている可能性が高いです。(使用可能が確認できた後に遅れて通知が届く場合もある、、)

 

 

新しいSearchConsoleとは

以下Googleより引用:
新しい Search Console は、ゼロからの再構築となりました。これは、可能な限り実用性のあるインサイトをユーザーに提供し、それらに沿ったガイドを行うことで、あらゆる未解決の問題をユーザー自身が解決できるような相互に作用する問題解決モデルを構築するためです。社内のコラボレーションをシンプルにするために、ご自身の組織内でレポートを共有する機能も追加しました。
    参照URL:ウェブマスター向け公式ブログ「新しいSearchConsoleをご紹介します」
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/introducing-new-search-console.html

 

新しいSearchConsoleベータ版の利用が有効になっている方には ナビゲーションメニューの項目に「新しいSearchConsoleを試す」というリンクが加わっているのでそちらのリンクから入る。
または、以下のURLからダイレクトにアクセスすることも可能です。
https://search.google.com/search-console
ページ内上部の「プロパティを検索」のボックスからそれぞれの登録サイトを選択します。

 

 

新しいSearchConsoleに移植されているツール

ーAMP
  こちらが大きく変わった点は、問題が検出されたAMPページをこのレポートから再検証でき、問題が修正されていることが確認出来たらそのまま再クロールをリクエストできるようになったこと、Google側の更新処理の状況についても知ることが可能になりました。

 

ー検索パフォーマンス
  従来の検索アナリティクスの置き換わり
機能そのものに大きな違いはないが、データ期間が最大16か月に延長されて、比較期間も1年に設定することが可能になりました。

 

ーインデックス登録の対象範囲のステータスレポート(Index Coverage)
  従来のサイトマップとインデックスステータスを足し、さらに拡張した新しいレポートツールになります。
正常にインデックスに登録されたURLやなんらかの理由により発見したがインデックスされていないURL・エラーや警告のあるURLなどGoogleが発見した様々なURLの詳しい情報がわかるようになります。

 

他にもJob Postingレポートの機能も加わりましたが、こちらは日本では未導入です。

  なので新しいSearchConsoleでは現在は上記3つのツールが利用できます。
やはり、使用頻度の高いものから優先的に移行が行われていて、今後移行されるツールでは統廃合などもありえると言われています。これに伴い新しい機能の追加にも期待したいですね!

 

 

使い方に関してはGoogleよりヘルプ記事も出ています。
  SearchConsoleヘルプ記事:
https://support.google.com/webmasters/topic/7440006?hl=ja

 

 

今後は1年ほどかけて完全に移行をしていく予定で、それまでの期間の当面は既存のSearchConsoleと併用できます。
  新しいSearchConsoleベータ版を使用できることが確認できた方はまずはベータ版を使用してみてください。

そして、たくさんの人がSearchConsoleベータ版のフィードバックをGoogleへ送ることによって完全移行できるころには、より充実したSearchConsoleになっていくことでしょう。

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.