トラフィック

成果報酬SEOの見積を依頼

SEO用語集

トラフィック

トラフィック

トラフィックとは交通と言う意味ですが、ネットワークにおいては、データの情報、もしくはそのデータ量をさす場合が多いです。トラフィックが混んでいるという場合には、回線に対して大容量のデータのやりとりがあり、データの処理速度が遅くなったり、通信障害がでやすくなっています。

取り扱われるデーター量が膨大になっても、それに対応する回線の太さも膨大であれば、通常はデーターのやりとりは早く保たれます。利用者にとっても、ネットワークの管理者にとっても好ましい状況になりますが、ネットワーク回線の維持コストが上がってしまうという欠点があります。

朝や昼間は比較的空いているが、夜や深夜は混んでいるという回線も多く、ネットワークを利用する時間帯をずらすことで、問題が解決することも少なくありません。なるべく他の人が使っていないような時間帯に、ネットワークを利用するようにすれば、自分も快適に使え、他の人にも迷惑がかからないので良いでしょう。

◎お役立ち情報

トラフィックとはデータ量のことです
トラフィックとは通信データ量を表しています。インタネットの高速化で通信データ量は拡大しています。近年ではネット環境の整備が進んで、回線力も増強され、昔に比べるとデータ量が飛躍的に増大していますが、しかし回線余力やサーバ能力が低いと、アクセス数が急激に増えた時には、ネットに繋がらないなどの問題が起きています。ちょうど高速道路が通勤時間帯に渋滞するのと同じです。震災や災害が起きた時は、携帯などでの通信も増えて、全体的にアクセスができなくなったりします。

AdInte

COPYRIGHT © 2023 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2023 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.