2016年を見据えたSEOの対策とは

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

2016年を見据えたSEOの対策とは


2016seo

 

12月15日に開催したオフィスアワーにてGoogleのジョン・ミューラー氏が2016年に意識しておきたいSEO対策として質問者に今後のSEOを踏まえた回答を致しましたので要略してまとめました。

 

参照URL:English general Google Webmaster Central office-hours hangout

https://plus.google.com/events/c6g28iej4530dlpn5a7ouq9g9og

 

 

・モバイルフレンドリー

・AMP(アンプ)

・JavaScript

・高品質コンテンツ

・ユーザー体験

 

 

モバイルフレンドリーやAMPに関しては2016年からもっと多くの情報を得る事になりそうです。なぜならAMPに関しては2016年の2月からランキング要因に関わる可能性が大きく今後のモバイル検索においてはGoogleもAMPを重要視している事が挙げられます。

現にAMPに関しましてはラベル表示される事となりそうですのでGoogleがどのくらいAMPでの表示に力を入れているかが伺えます。

 

JavaScriptに関しても多くの情報が必要とされており、検索時に適切な情報をどのようにしたら処理が出来るか判断する事を推奨しております。

そして高品質なコンテンツにおきましても重点的に取り組むことをお勧めしております。コンテンツの質は以前から言われているように検索ユーザーに対していかに求めている情報を与えられているかとても大切な事となります。

 

2016年はモバイルを意識した対策、そしてSEOの根本的なユーザー目線でのコンテンツ提供など需要がありランキング要因にも結び付く重要な対策を考慮する事が必要となりそうです。現段階でもモバイルフレンドリーではないWEBサイトがいくつも確認されております。

また、2016年は自動化となるペンギンアップデートが起こります。今後も対策としましてはユーザーにとってPCやモバイル問わずよりよいWEBページを提供する事が重要な事と考察されます。

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2017 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.