「新たなタイトル生成のアルゴリズムについて」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「新たなタイトル生成のアルゴリズムについて」

 

titleタグに記述しているものとは異なるタイトルが検索結果に表示されている現象が起こっているのをご存知でしょうか?

 

 

通常、検索結果に表示されるサイトのタイトルには HTMLのtitleタグが使われますが、クエリに応じ、Googleが判断の上、titleタグとは違うものを表示させることがあります。
書き換えする目的としては、ユーザーへ、クエリとの関連性をより明確示す為であり、Googleは、titleタグの修正が役立つものとして考えているのです。

 

 

しかし、関連性のないタイトルの書き換えが目立つようになってきていることにより、サイトの管理者が望まない形で表示されているという騒ぎが起こるようになっております。

 

 

そんな中、Googleは、ウェブページのタイトルを生成する新しいシステムを導入したことを公表しました。

 

以前のタイトル生成は、クエリに依存するものでしたが、ページ全体の内容を反映するように変更されました。

 

新らに導入されたアルゴリズムでは、クエリには関係なく、ページ自体で何について書かれており、どんな情報を発信しているのかを全体的に捉えた上でタイトルが生成されるようになります。

 

また、新たなアルゴリズムでは、HTMLのtitleタグ以外の要素を積極的に使うようになっている様です。
ページにあって、ユーザーが訪問したときに目にする要素としては、h1タグが該当しますので、h1タグが活用されるケースが増加している様です。

 

 

Googleとしましても、titleタグ以外の要素を活用してタイトルを生成するのは、以下のような理由があります。

 

 

・長すぎる
・キーワードを使いすぎている
・titleタグの記述がない

 

 

新たなアルゴリズムは分かりやすいタイトルを生成するようになっておりますので、
大事な部分を意識し、極端に長くわかりにくい記述は避けるようにしましょう。
具体的でわかりやすいのが理想です。

 

 

勘違いしてはいないこととして、基本は、適切なtitleタグの記述を心掛けるようにしましょう。

 

現在も、titleタグによって検索結果のタイトル生成は80%以上とGoogleは公表しております。

 

また、このタイトル生成のアルゴリズム変更は、検索結果のページタイトルの表示だけに影響するものになっております。

 

 

今回の変更により、焦ってtitleタグを大きく修正したいと考える方も出てくると思いますが、すぐにはいじらないことを推奨します。
最も、適切なtitleタグの記述ができていないものは除きます。

 

 

今回実施されたタイトル生成アルゴリズムの中には問題点が多くある為、Googleも再調整はありうるとコメントしています。

 

 

見直す点としては、hタグでページの内容が適切に反映されているかどうかの確認を推奨させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

現時点では、titleタグで設定したものとは異なるタイトルが表示させるケースもある為、ユーザーからの不満も出ており、不評なアルゴリズムになっております。
アルゴリズムの再調整により、改善させる場合もあれば、改善されない場合も考えられますが、
サイト管理者の方は、今まで通り、適切なtitleタグの記述を心掛けるようにしましょう。

 

AdInte

COPYRIGHT © 2021 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2021 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.