「Googleビジネスプロフィールとは?」

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

「Googleビジネスプロフィールとは?」

 

皆さんは「Googleビジネスプロフィール」をご存意でしょうか?まだ知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

 

Googleは、昨年11月に「Googleマイビジネス」の名称を「Googleビジネスプロフィール」へと変更しました。

今では、Googleで「マイビジネス」と検索しても「Googleビジネスプロフィール」が表示されるようになっています。

 

 

マイビジネスからビジネスプロフィールへ変更になり、ビジネスの管理が以前よりも楽になりました。Google検索やGoogleマップアプリから直接ビジネス情報を申請することができるようになったのです。

頻繁に店舗情報の更新を行っている方には嬉しい変更です。

 

 

Googleビジネスプロフィールとは、Googleマイビジネスの新しい名称ということが分かりました。

名称が変更された=Googleが力を入れている部分と言っても過言ではないでしょう。

そのくらい、Googleビジネスプロフィールは重要で注目されているのです。

 

 

 

Googleビジネスプロフィールが注目されているのには大きく2つの理由があります。

 

 

 

・強い集客効果

 

Googleの検索結果で表示される順番は以下のようのなっております。

 

1:Google広告

2:Googleビジネスプロフィール

3:SEO(自然検索結果)

 

SEOよりも上位に表示されますから、検索したユーザーに対し、ほぼ目にするといってもいいでしょう。

 

また、Googleはエリアによって検索結果を変える仕様を取り入れているのはご存知だと思います。

例えば、東京にいる人が「歯医者」と検索した際、沖縄の歯医者が上位に表示することはありません。

ましてやGoogleビジネスプロフィールには近所にある歯医者が表示されているでしょう。

 

Googleがユーザーの所在地と「検索意図」に答えようとしてあえてそのように表示させる仕様にしているのです。

しかし、検索キーワードが「歯医者」といったように意図が幅広い場合、Googleも迷う場合があります。

また、歯医者を探す殆どの人はよっぽどのことがない限りは、通いやすい所にある歯医者を探すでしょう。

 

住んでいる所の駅名×歯医者のように検索するのが一般的です。

このような検索をする人の検索意図=目的は明確です。

自分が住んでいる最寄り駅にある通える歯医者を探している。が答えですよね。

Googleビジネスプロフィールの枠に表示されるということは、このように目的が明確な人に対して非常に高い集客効果になるといえるのです。

 

 

 

・Googleマップを活用するユーザー数の増加

 

今やGoogleMapを活用してお店や病院を探したことがないという人は少ないのではないでしょうか。

前述でも記載しましたよう、検索結果の上位に表示されますから、多くの人の目に止まり、そこからアクションを行う人は多くなってきているのです。

 

スマホで目的に合う店舗を検索し、そこの外観や口コミを見て良さそうだなと思ったら直ぐに電話もできますし、ルート案内までしてくれる優れものです。

以前にいた所でも、ナビ変わりとしてルート案内を活用するという人もいるでしょう。

そのくらい自然に私たちの生活に根付いてきていますから、Googleも力を入れるというのは納得できるでしょう。

 

 

 

 

 

Googleビジネスプロフィールが注目されている理由がお分かりいただけたかと思います。

通常のGoogle検索結果の上位に表示されるのは、Googleマップで上位3位のビジネスが該当し、マップを飛び越え通常の検索結果に浮上するということを覚えおきましょう。

 

勿論、Googleマップの中でも上位表示するにはユーザーのニーズをより満たしている必要があります。この点はSEOと似ている所ではありますが、SEOよりも難しくないという点も利点の一つと言えるでしょう。

 

一つ注意しておきたいのが、実店舗を持っている所のみが該当します。故に、SEOで強いとされるポータルサイトは参入できません。

GoogleがSEOよりも上にGoogleビジネスプロフィールを表示させている理由の一つとして、SEOではどうしても優遇せざるを得ないポータルサイトの存在も関与しているかもしれません。

 

 

 

最後に、このGoogleビジネスプロフィールはGoogleが勝手に作っているものも非常に多いため、実店舗を持っている方は、屋号で自店舗をGoogleマップで検索して存在有無を確認しましょう。

そしてまだ自身がその店舗のオーナーとしてGoogleに申請していない場合には、申請をし、有効な集客手法として活用してみては如何でしょうか。

 

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2022 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.