スピードアップデートの導入がついに開始

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

スピードアップデートの導入がついに開始

 

今月は、今年の初めにお伝えをさせていただいていたSpeed Updateがついに導入開始となりましたので
その詳細についてお伝えさせていただきたいと思います。

 

過去ブログ記事:
seoホッパースタッフブログ「Google、2018年7月よりWEBサイトのページ読み込み速度がモバイル検索のランキング要因へ」
https://seohopper.jp/staff/seo_speed_update2018/

 

 

 

 

スピードアップデートとは

そもそもスピードアップデートとはどういったものかといいますと、ウェブページの表示速度をモバイル検索のランキング要素に組み込むこと。

Googleは以前これを発表しており、「SpeedUpdate」と呼んでいます。

 

このSpeedUpdateの導入によって、ページの表示速度の遅い、ユーザービリティの低いサイトに影響が出ることが予想されていました。

 

ただし、表示速度の基準としてはものすごく遅いと感じられるページにのみ影響することから、ごくわずかのサイトにしか影響が出ない見込みです。

 

また、ページ内に使用されている技術は関係なく、すべてのページに同じ基準が適用されます。

 

 

 

 

 

Googleの公式発表

今月に入り、TwitterのGoogle公式アカウントから正式に発表がありました。

 

以下、公式Twitterより

 

 

冒頭でもお伝えいたしましたが、SpeedUpdateは本当に遅いページだけが影響を受けます。

 

なので常識的な速度であればランキングが下がることはないはずです。

 

とはいえ、しばらくの間は変化が起きていないかどうかを「検索アナリティクス」や、「検索パフォーマンス」でこまめに監視しておきましょう。

 

 

 

 

 

本当に遅いページとは

そもそも本当に遅いページとはいったいどれくらいの表示速度なのか。

 

何秒以上かかると本当に遅いページの認識とされるのか。

 

 

SpeedUpdateに関しては1つの指標だけを用いてるわけではないんです。

 

ですので、とあるツールで計測した結果で「〇秒以上かかっていた」からといって、SpeedUpdateでも遅いと判断されるわけではありません。
1つ明らかになっていることは、Chromeユーザーエクスペリエンスレポートもスピード判定のデータとして利用されているということ。

 

Chromeユーザーエクスペリエンス レポートに基づいてスピード診断している、「PageSpeedInsite」で”Slow”と判断されたら要注意かもしれません。

ただし、”Fast”だったからといってそれがSpeedUpdateの影響を受けないことを100%保証するといったものでもありません。

 

SpeedUpdateでは複数の指標を用いているので、PageSpeedInsiteもその一つであるということにすぎません。

 

 

 

 

 

間違った認識に注意

上記で遅いページにのみ影響するとお伝えさせていただきましたが、
これと同時に早いページは評価されるといった認識を持つ方も中にはいらっしゃるようなのです。

 

ですが、今回発表されたSpeedUpdateでは、そのようなことはありません。
あくまでも本当に遅いページのみに影響するようになっています。

 

 

Googleのジョン・ミューラー氏も以下のように正されていました。

 

 

 

内容としては、
・SpeedUpdate は本当に遅いサイトにだけ影響する。

 

・影響を受けたサイトは段階的に改善できる(十分な速度改善ができるのが理想的)

 

・サイトが十分に早い場合は、それ以上の速さになっても何も変わるものはない。

 

 

影響を受けたサイトは、スピード改善に取り組み少しづつ改善することで、下げられたアルゴリズムの評価が少しづつ緩められ、影響を受けないレベルまで改善していくことが可能です。

 

影響を受けないレベルまで改善されたサイトは、それ以上の速度に改善されていっても評価がどんどん上がる、なんてことはありません。

 

 

 

 

まとめ

SpeedUpdateの影響を受け評価が下がることはもちろん困ることですが、万が一影響を受けてしまった場合でもその後改善することができるので、もしも影響を受けてしまった際には、少しづつ改善していきましょう。

 

とはいえ、常にユーザービリティの高い快適なサイトにできていることが一番ですので、スピード以外でもユーザーの目線になり、改善できることは常に施策していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2019 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.