スタッフブログ

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

nofollowタグでもペナルティの影響はあるのか

GoogleのMatt Cuttsによるウェブマスター向けの解説動画にて、nofollowタグ(外部リンクとして貢献しないことを示すタグ)についての言及がありました。 http://www.youtube.com/watch?v=hNDRlVSWTRY これに伴い、今外部リンクでどのような問題が示唆されているのかを見ていきます。   Googleによる外部リンク取り締まりの強化の背景 昨今のアルゴリズムアップデートに伴うGoogleのガイドラインの…

続きを見る

404エラーによる順位変動の有無について

サイトを運営して行く上で必ず生まれてくるのが404エラー。順位に関わる部分なのかどうか?404エラー管理の重要性について改めて着目して行きます。   404エラーとは? アクセスできないページは、404エラーとされており、これはサイトを運営する上では起こりがちな内容です。例えば、商品ページの消し忘れや、ページの入れ替えなどで起こり得るので、必ずしも直す必要性はありません。   順位の影響は考えにくいが、利用者は不便 ですが、これが順位に影響…

続きを見る

ウェブマスターツールで確認出来る内容と重要性

今後のWEBマスターツール確認の重要性   前回の更新でもお伝えしたような大手ディレクトリの動きや、これからのペンギンアップデートやパンダアップデートなどの動向への対応して行くには、今後ウェブマスターツールによるサイト状況の確認がより重要になってくることが考察されます。   今回は、ウェブマスターツールを登録することで、SEOに関するどのようなことが確認できるかを改めて確認していきたいと思います。   ウェブマスターツールの利用に…

続きを見る

有料ディレクトリにて一部nofollow化などの動き。Googleの有料リンク媒体への警告

10月11日前後に発生したと見られておりますGoogleのアップデートが要因として みられます、順位評価変動の動きが一部で確認されておりますが、現状ではますますGoogleの手動対策がより強化されている傾向が見られております。   直近では大手有料ディレクトリサービス(有料リンク)各社にてGoogleからの注意喚起に合わせた動きが見られているほどで御座います。   有料リンク?有料ディレクトリサービスの登録とは 有料ディレクトリとは、ホームページ…

続きを見る

重複コンテンツのチェック方法

 問題のあるコンテンツ重複 現在の検索エンジンのアップデートにより、コンテンツ重視のサイト構成がより求められるようになってきており、重複コンテンツの目立つサイトへの順位ペナルティが数多く発生しております。 重複コンテンツによるペナルティ   ・ドメイン内のページ間の重複   ・他のドメイン内のページ間の重複  今回は、重複コンテンツの簡単なチェック方法について説明していきます。  多くの場合、重複コンテンツは ①他の情…

続きを見る

SSL検索の適用範囲が拡大。自然検索によるアクセス解析の難易度上昇の懸念

SSL検索の適用範囲が拡大しました。自然検索によるアクセス解析の難易度上昇の懸念されています。 http://searchengineland.com/post-prism-google-secure-searches-172487   頻繁に見られていたnot providedの増加傾向 2013年7月以降、Googleではアナウンスはなかったものの、検索エンジンからの流入を測るアナリティクスなどのアクセス解析の結果に各所にて変化が確認されておりました。それは…

続きを見る

新しいGoogleのアルゴリズム「ハミングバード」とは?

Search Engine Land( http://searchengineland.com/google-hummingbird-172816 )の9月26日の情報によりますと、Googleが「ハミングバード」と呼ばれる新しい検索アルゴリズムを、約1ヵ月前(8月下旬あたり)より導入していた事が明らかになりました。   ハミングバードは従来のアルゴリズムと何が違うのか? 従来の検索エンジンは、「単語(キーワード)の一致」を見出すことに焦点を合わせていた事に対し、「ハ…

続きを見る

オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成

2013年9月12日、 オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成したことがGoogleのマットカッツ氏より明らかになりました。 http://www.youtube.com/watch?v=0URIeqBPVZ8   オーソリティのあるサイトとは オーソリティがあるサイトというのは「その分野の情報提供サイトにおいての権威」に位置づけされるもので、所謂「誰もが認める昔からの大規模なサイト」という認識で良いかと思います。今…

続きを見る

canonicalタグの指定による重複コンテンツ対策

前回の更新で記載しました「ECサイトの重複コンテンツの発生について」(Google+ ウェブマスター ハングアウト)でも言及されておりました通り、重複コンテンツの対策としましては「それぞれの文章をオリジナルのものにする」か、「canonicalタグの指定による重複コンテンツ回避」が挙げられます。   特に、ECサイト等のように類似した商品ページが多数存在してしまいがちなサイト構造の場合は、canonicalタグを用いた重複コンテンツ対策が推奨されます。   …

続きを見る

ECサイトの重複コンテンツの発生について(Google+ ウェブマスター ハングアウト)

  Google+ ウェブマスター ハングアウトにて http://www.youtube.com/watch?v=__8fGDmBxW0   7月5日、Google+のウェブマスター向けハングアウトにて、ECサイトの重複コンテンツ発生について言及されました。重複コンテンツに対する言及は今までも言われてきたことではありますが、Googleの公式見解の中でECサイトの問題として取り上げられております。   ECサイトの重複コンテ…

続きを見る

パンダアップデート更新のアナウンス 対象サイトの条件が緩和

  2013/7/18、Googleのパンダアップデートの修正に関する情報が公開されました。アルゴリズムによるサイト評価の精度が更に向上した模様です。   パンダアップデートの現状 パンダアップデートはサイトコンテンツの重複問題に関する検索エンジンのアルゴリズムアップデートで、実行ごとに不定期にアナウンスが行われておりましたが、6/12のアナウンスを最後に、「毎月10日ほどかけて実施しており、今後はアナウンスはしない」ということが明らかになっており…

続きを見る

【ペンギンアップデート最新情報】今後の外部リンクの在り方

    2013年5月22日ペンギン・アップデート2.0(アルゴリズムの改良)が実施されました。   ペンギンアップデート2.0の影響の範囲は? 実施前の情報では大規模な順位変動の影響が予想されておりましたが、実際の結果としては、全体的に予想を大きく下回る影響が見られております。一部のサイトでは若干の順位の下降も確認されておりますが、大多数の結果にて予想されていた規模の変動は確認されなかったようです。   しかし、影響が確認され…

続きを見る

ガイドライン違反通知時にサンプルURLの提示を開始(米Google)

  ウェブマスターツールの仕様変更に関する情報です。複数の検索アルゴリズムのアップデートに合せ、ガイドラインの違反通知に関しての改善も行われた模様です。   ガイドライン違反サイトへの明確な問題提示 こちらは、Googleのウェブマスターツールを通じてサイト管理者にガイドライン違反を通知する際に、「具体的な違反箇所を示したサンプルのURLもあわせて提示する」という仕様変更のアップデートです。今までは違反通知の際に、ガイドラインに違反した箇所に対して…

続きを見る

ページ読み込み速度の評価をスマートフォンサイトにも適用検討へ

  6/12、Googleのアルゴリズムの変動について「ページ読み込み速度」の要素が順位下方修正の対象として適用なることが検討されているという情報がありました。   何故ページの読みこみ速度が評価基準になるのか PCサイトでは2010年4月に「ウェブページの読み込み速度」のアルゴリズムが取り入れられています。サイトがしっかりと表示されるかどうか、素早く軽快に閲覧できるどうかは、ユーザビリティの向上につながる要素となってきておりますので、昨今増加する…

続きを見る

パンダ・アップデートは毎月実施しているとアナウンス(米Google)

    米Googleにて、パンダアップデートの実施に関しての現状の情報が公開されました。3月のアップデート告知終了のアナウンスより、毎月継続してアルゴリズムが動いているようです。   パンダアップデートは常に行われるようになる パンダアップデートは、サイト内コンテンツを評価する順位アルゴリズムです。3月の手動アップデート以降、通常のアルゴリズム同様に絶え間なく更新される(通常のアルゴリズムと統合)方向で検討が進んでいるとアナウンス…

続きを見る

スパムが多い検索クエリへの検索アルゴリズム更新(米Google)

  昨今、過剰な検索エンジン最適化により著しくユーザービリティが低くなってしまっている検索ワード(スパムクエリ)が目立つようになりました。その問題に伴い、Google側で対策が講じられる動きがみられております。   スパムの傾向が強い検索クエリの結果をクリーンに 日本での対応はまだ未定ではありますが、米国Googleでスパムサイトが多い検索クエリへの対策を行うアルゴリズムの更新が検討されていることがアナウンスされました。主に金融系のワード(例:「payday loans…

続きを見る

スマートフォン向け検索でのランキング変更について

  6月11日、Googleにてスマートフォン向け検索でのランキング変更についての詳細が明らかになりました。   誤ったスマートフォン対応サイト設定に対する順位変動 スマートフォンによる検索エンジン利用者の増加に伴い、誤ったスマホ対応をしているサイトに対するランキング変更のアップデートがGoogleで検討されていることが明らかになりました。   対象となるのは、「スマホ用サイトとPCサイトのURLが異なる設計となっているweb…

続きを見る

Google、クラスタリングの改善に関するアップデート実施

  5月22日、Googleにて検索結果のクラスタリングについてのアップデートが行われたことが発表されました。   ドメインの多様性優先アップデートとは? このアップデートは、検索結果に表示される内容に関するアップデートとなっております。今までの検索結果では、同じドメインからのページが検索結果に多く出現するなどの問題がありました。この問題に対して、多様性を優先したアルゴリズム更新がペンギンアップデート2.0と同時期に行われております。 &nb…

続きを見る

3 / 3123

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2018 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.