スタッフブログ

成果報酬SEOの見積を依頼

スタッフブログ

ペンギン・アップデート3.0(外部リンクアルゴリズム)更新の影響

年内に発生すると言われていたペンギン・アップデート(外部リンクに関する順位アルゴリズム)ですが、17日の金曜あたりから実施がみられております。 外部リンクに関わるアルゴリズムが約一年ぶりの更新 ペンギン・アップデートは、低品質な外部リンクにより順位の下降が発生するアルゴリズムです。現状年に1回ほどのペースで更新されており、今回のペンギン・アップデートはトータルで5度目の更新となっています。   段階的なタイミングで実施。直前のパンダアップデートの影響も …

続きを見る

Google、パンダアップデートの更新を通知

(米)GoogleのPierre Far(ピエール・ファー)氏が、自身のGoogle+でパンダアップデートが 9月の4週目前半から更新(※1)されていることを通知しています。 パンダアップデート(内部対策へのペナルティ)のおさらい パンダアップデートは、低品質なコンテンツに対して検索順位を押し下げるアルゴリズムで今回新たに2,3個のシグナルを加えて低品質コンテンツのサイトに対して影響を与える内容となっています。   更新は約2週間ほどの期間を経て完…

続きを見る

(米)Googleのジョン・ミューラー氏、ペンギンアップデート3.0を年内実施を発表

Googleのジョン・ミューラー氏が2014年9月12日に配信されましたEnglish Google Webmaster Central office-hours hangoutでペンギンアップデート3.0を年内に実施することを明らかにしました。※1 ペンギンアップデート(過剰な外部対策へのペナルティ)のおさらい ペンギンアップデートとは、Googleの設けたガイドラインに違反しているサイトが検索結果の上位にならないようにするためのアルゴリズム更新を指します。 &nbs…

続きを見る

(米)Googleが、Authorshipの廃止を発表

Googleのジョン・ミューラー氏が、Authorshipの廃止(※1)を自身のGoogle+の投稿で明らかにしました。※1   期待されていた著者情報評価は廃止に Google Authorshipの導入時には、検索エンジンにコンテンツとその著作者情報を関連付けて認識させることでコンテンツ著作者の顔写真を自然検索結果に表示させることにより、コンテンツの信頼性に伴ったクリック率の上昇が期待されるといわれていました。   しかし結果的には、ユーザビ…

続きを見る

HTTPSがランキングシグナルに利用されるのはサイト単位ではなくページ単位

SSL/HTTPSをランキングシグナルに使用することについて、Googleから新たな情報が入りましたのでご紹介させていただきます。   先月の8月上旬にGoogleのジョン・ミューラー氏から一般公開されたHTTPSをランキングシグナルとして取り入れるというアナウンス後、当然ながら多くのウェブマスターからHTTPからHTTPSへ移行することに関する質問が多数寄せられました。※1   具体的にどう取り入れるべき?サイトのHTTPS化 その中でミューラー氏はHT…

続きを見る

8月下旬の変動、Google、ペンギンアップデート3.0ではない模様

先日の8月23日から25日にかけて検索順位に大きな変動がありました。ついに実施が噂されていたペンギンアップデートなどのアルゴリズム変動の一環なのでは?と思っている方も多くいらっしゃると思います。  ○Googleからのアナウンスは確認されていない   今回の順位大変動に伴い、ペンギンアップデート3.0の実施やアルゴリズム変動などサイト運営者や関連企業間では多くの憶測が飛び交いましたが、25日には急落したサイトの順位も、もとの位置に戻ったものも見られたようです。 …

続きを見る

GoogleがSSL/HTTPSをランキングシグナルに使用することを発表

Googleは、HTTPS(SSL/TLS)をランキングシグナルに使用することを発表しました。 http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html   ○検索順位にはどう影響するのかより安全なサイトアクセスを目的とした今回の施策でGoogleは、ウェブマスターに向けてHTTPSの導入(SSLによるセキュリティ強化)を促しています。   …

続きを見る

Googleのモバイル検索からFlash利用サイトに対して警告を通知

2014年7月14日米Googleは、モバイル検索においてスマートフォン端末で正常に表示されないウェブサイトを検出した際には検索結果に警告メッセージを通知することを発表しました。   http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/07/promoting-modern-websites-for-modern.html   スマートフォン端末非対応Flash利用サイトに対してメッセージを通知 Flas…

続きを見る

Googleから新たな評価要素[E-A-T]が加わり「検索品質評価ガイドライン」が大きく変化する!

Googleは、※「検索品質ガイドライン」に新たに「E-A-T」を加え、以前の内容から大幅に内容を変更しました。 http://www.thesempost.com/google-rewrites-quality-rating-guide-seos-need-know/   ※「検索品質ガイドライン」とは、検索結果の品質を保つための評価基準を記した資料。   新たに加えられたガイドライン、「E-A-T」とは? 今回新たにバージョンアップしたガイドライン5.0ですが、今回注…

続きを見る

検索結果から著者情報(オーサーシップ)の写真とフォロワー数を非表示?

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏から、先日Google+内で検索結果から著者の写真とフォロワー数の表示をやめるという発表がありました。   2014/6/27 Google Webmaster Central office-hours hangout https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=NUjCAOXEjj0   現状のところGo…

続きを見る

ペイデイローンアップデート3.0について

2014年6月11日、Googleが3回目のペイデイローンアップデートの実施を発表しました。   http://searchengineland.com/googles-payday-loan-algorithm-3-0-rolling-now-193954     一ヶ月ほどで行われた同種のアルゴリズムアップデート 前回のアップデートから1カ月足らずで更新となった今回のペイデイアップデート3.0。スパムサイトを対象にした前回(2…

続きを見る

話題のオーサーランク(AuthorRank)に関する考察

今月、検索エンジンのアルゴリズムに関する情報として「オーサーランク」に関する情報が諸説飛び交い、Yahoo!ニュースなどにも関連記事が掲載され話題となりました。   オーサーランクとは何なのか?バックリンクによる評価は終わってしまうのか?   等など、様々な疑問があるかと思います。 基本的な情報の確認と、見解と考察を進めて行きます。       ① まず、現在の「検索結果の決定要因」を確認 …

続きを見る

ペイデイローンアップデート2.0について

ペイデイローンアップデート2.0の更新が、5月20日に告知されております。 http://searchengineland.com/official-google-payday-loan-algorithm-2-0-launched-targets-spammy-queries-192027   ペイデイローンアップデートとは? ペイデイローンアップデートは、過剰最適化されたキーワードによるSEO施策が多く見られるキーワード群を対象にした順位アルゴリズムになりま…

続きを見る

パンダアップデート4.0について

・パンダアップデート4.0について   5月20日、パンダアップデート4.0の更新がGoogleより告知されております。 https://twitter.com/mattcutts/statuses/468891756982185985   パンダアップデートについておさらい パンダアップデートは、サイト内部のコンテンツに関わる順位変動アルゴリズムの一つです。基本的にはサイト内テキスト(title、description等のmeta要素も含…

続きを見る

スパムドメインを取得しないためにするべき対応策

新規に取得したドメインでも、過去に利用されていたドメインである可能性もあります。 新たに取得したドメインが、過去に使われていた形跡があるかどうかの確認は大変重要となってまいります。 その際にスパムとして問題があったものかどうかを調べる方法をGoogleのマット・カッツ氏がGoogle+ハングアウトにて紹介しています。 https://www.youtube.com/watch?v=C-EdhaMDXho オールドドメインでのサイト運営は過去の運営によるリスクを引き継ぐこと…

続きを見る

Googleが日本国内7つのリンクネットワークに対し罰則を科す

http://news.softpedia.com/news/Google-Takes-Down-Seven-Link-Networks-in-Japan-436554.shtml 「日本のウェブスパムチームのことをものすごく誇りに思う。過去数か月にわたり、彼らは7つのリンクネットワークに対策してきた。これにより、条件をより公平にできる。」 Googleのマット・カッツ氏は、ツイッターにて上記を告知し、日本Googleウェブスパムチームが日本国内の7つのリンクネットワークに対して罰則…

続きを見る

次世代パンダアップデートの計画が進行中

http://www.seroundtable.com/google-soft-panda-18255.html Googleのマット・カッツ氏は、次世代のパンダアップデートの計画が現在進行中であることを、Search Marketing Expoにて明言しました。   パンダ・アップデートについておさらい     パンダ・アップデートは、Googleにて継続的に行われている内部コンテンツの重複に対する順位評価アルゴリズムのひとつで…

続きを見る

検索結果のレイアウトに変更の懸念 タイトル表示文字数が減少か

  2014年3月14日、検索エンジンのレイアウトの変更がロールアウトされました。 http://www.seroundtable.com/google-title-tag-shorter-18331.html   タイトルの文字数が32文字前後⇒28文字前後に変わる タイトルタグは、SEOの内部対策において重要なタグの一つです。Googleのbotがクロールする際の目標キーワードの明示だけでなく、実際の検索結果に表示されるとされる部分となってい…

続きを見る

ページレイアウト アルゴリズムの更新(3回目)影響と対策

http://insidesearch.blogspot.jp/2012/01/page-layout-algorithm-improvement.html 米Google公式ブログより、ページアルゴリズムの更新についてアナウンスがありました。   ページレイアウトアルゴリズムとは? ページレイアウトアルゴリズムは、画面構成に関わるアルゴリズムとされています。検索ユーザーにとっての利便性を日々追求しているGoogleのアルゴリズムですが、今回の更新は特に、画面内…

続きを見る

[Google公式]トラブルシューティングのページの提供を開始

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/02/troubleshooter.html 2014年2月12日、Googleウェブマスター向け公式ブログにて、自分たちのサイトの問題点を確認・調査するためのトラブルシューティングページが提供され始めました。   ウェブマスター向けトラブル シューティングhttps://support.google.com/webmasters/troubleshooter/2483…

続きを見る

SSL検索化がGoogleだけではなくYahooにも?(米Yahoo)

http://yahoo.tumblr.com/post/67373852814/our-commitment-to-protecting-your-information Google Analyticsなどによるアクセス解析に大きな影響が見られるのがこの「SSL検索化」です。簡単にいえば、ユーザーの検索結果がセキュリティで守られるということです。   SSL化が進んでいる検索エンジン 昨年GoogleはSSL検索を導入し、検索結果がアクセス解析で見えられない…

続きを見る

アフィリエイトサイトで、内容が伴わない低品質な内容のサイトの問題

アフィリエイトサイトは、アフェリエイトプログラムに参加している商品を売るためのサイトです。 これらのサイトについて、米Goolgleのウェブマスターブログにて問題を提示されております。  http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2014/01/affiliate-programs-and-added-value.html   アフィリエイトが悪いわけではない アフィリエイトサイトが悪いというわけではありません。今…

続きを見る

リンク精査を効率的に行うためのサービス「SEOリカバリー」のご紹介

  Googleウェブマスターツールで提供されているリンクのリストにあるデータは、リンク元のURLと、検出日のみであることより、リンクの精査は、思っている以上に労力・時間がかかります。   一刻も早くペナルティ解除し、ペナルティを受ける前の順位に戻したいと切望するウェブマスターの皆様の気持ちとは裏腹に、リンク本数に比例して、リンク精査の難易度は高まり、結果としてペナルティ解除までの時間がかかってしまうのが通常です。   また、ペナルティーを解除するため…

続きを見る

手動対策(ペナルティー)におけるウェブマスターツールの活用

現在、Googleの手動対策通知に伴い、ウェブマスターツールを活用した対応が求められるようになってきております。 今回は、ウェブマスターツールの活用方法を、手動対策   [ 手動対策の有無を確認するGoogleウェブマスターツールの項目 ] Googleにより手動対策が実施された場合、Googleウェブマスターツールの下記項目にて、手動対策実施に関する警告が表示されます。   ①    サイトへのメッセージ ②    検索トラフィック…

続きを見る

Googleの動向に合わせたECサイト向けのコンテンツ作成

現在のGoogleのアルゴリズムは多数の条件をサイトから読み取り順位の決定要因としております。最近の傾向において特にみられるのは、ユーザーにとっていかに有益な情報を掲載しているかどうかが一つの要因になってきているとされています。   過去のSEOにおいては対策ページにキーワードを入れておけば上位表示するケースもありましたが、昨今ではユーザーの求める部分をしっかり提示したコンテンツが上位に表示される傾向にあります。   現在のSEOに合わせたコンテンツ作…

続きを見る

2014年のGoogleの手動対策傾向を考える

新年明けましておめでとうございます。   昨年2013年10月5日に、実施されたペンギンアップデート以降、Googleのウェブスパムに対する取り締まりは日に日に高まっており、今後のサイト運営においては、手動対策(ペナルティー)を受けることに対するリスクや、手動対策を受けた場合の対処方法等を意識する必要性が高まっています。   新規で弊社にSEOのご相談を頂いたクライアント様のサイトでも、ペンギンアップデート以降、特定のキーワードで順位が急落したケースや…

続きを見る

最新の検索順位決定要因について

今回は、最新の「検索順位決定要因」について着目していきます。   下記の順位決定の要因とされるものは、海外のSEO企業の技術スタッフによりまとめられたものを参考にしたものです。 http://moz.com/search-ranking-factors   絶対的な上位表示の指標となるものではありませんが、現状のGoogleのアルゴリズムの動向に合わせて対策すべき事柄であることが推察されます。   上記のグラフの多くは、基本…

続きを見る

nofollowタグでもペナルティの影響はあるのか

GoogleのMatt Cuttsによるウェブマスター向けの解説動画にて、nofollowタグ(外部リンクとして貢献しないことを示すタグ)についての言及がありました。 http://www.youtube.com/watch?v=hNDRlVSWTRY これに伴い、今外部リンクでどのような問題が示唆されているのかを見ていきます。   Googleによる外部リンク取り締まりの強化の背景 昨今のアルゴリズムアップデートに伴うGoogleのガイドラインの…

続きを見る

404エラーによる順位変動の有無について

サイトを運営して行く上で必ず生まれてくるのが404エラー。順位に関わる部分なのかどうか?404エラー管理の重要性について改めて着目して行きます。   404エラーとは? アクセスできないページは、404エラーとされており、これはサイトを運営する上では起こりがちな内容です。例えば、商品ページの消し忘れや、ページの入れ替えなどで起こり得るので、必ずしも直す必要性はありません。   順位の影響は考えにくいが、利用者は不便 ですが、これが順位に影響…

続きを見る

ウェブマスターツールで確認出来る内容と重要性

今後のWEBマスターツール確認の重要性   前回の更新でもお伝えしたような大手ディレクトリの動きや、これからのペンギンアップデートやパンダアップデートなどの動向への対応して行くには、今後ウェブマスターツールによるサイト状況の確認がより重要になってくることが考察されます。   今回は、ウェブマスターツールを登録することで、SEOに関するどのようなことが確認できるかを改めて確認していきたいと思います。   ウェブマスターツールの利用に…

続きを見る

有料ディレクトリにて一部nofollow化などの動き。Googleの有料リンク媒体への警告

10月11日前後に発生したと見られておりますGoogleのアップデートが要因として みられます、順位評価変動の動きが一部で確認されておりますが、現状ではますますGoogleの手動対策がより強化されている傾向が見られております。   直近では大手有料ディレクトリサービス(有料リンク)各社にてGoogleからの注意喚起に合わせた動きが見られているほどで御座います。   有料リンク?有料ディレクトリサービスの登録とは 有料ディレクトリとは、ホームページ…

続きを見る

重複コンテンツのチェック方法

 問題のあるコンテンツ重複 現在の検索エンジンのアップデートにより、コンテンツ重視のサイト構成がより求められるようになってきており、重複コンテンツの目立つサイトへの順位ペナルティが数多く発生しております。 重複コンテンツによるペナルティ   ・ドメイン内のページ間の重複   ・他のドメイン内のページ間の重複  今回は、重複コンテンツの簡単なチェック方法について説明していきます。  多くの場合、重複コンテンツは ①他の情…

続きを見る

SSL検索の適用範囲が拡大。自然検索によるアクセス解析の難易度上昇の懸念

SSL検索の適用範囲が拡大しました。自然検索によるアクセス解析の難易度上昇の懸念されています。 http://searchengineland.com/post-prism-google-secure-searches-172487   頻繁に見られていたnot providedの増加傾向 2013年7月以降、Googleではアナウンスはなかったものの、検索エンジンからの流入を測るアナリティクスなどのアクセス解析の結果に各所にて変化が確認されておりました。それは…

続きを見る

新しいGoogleのアルゴリズム「ハミングバード」とは?

Search Engine Land( http://searchengineland.com/google-hummingbird-172816 )の9月26日の情報によりますと、Googleが「ハミングバード」と呼ばれる新しい検索アルゴリズムを、約1ヵ月前(8月下旬あたり)より導入していた事が明らかになりました。   ハミングバードは従来のアルゴリズムと何が違うのか? 従来の検索エンジンは、「単語(キーワード)の一致」を見出すことに焦点を合わせていた事に対し、「ハ…

続きを見る

オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成

2013年9月12日、 オーソリティがあるサイト(その分野の権威的サイト)の評価が高くなるアルゴリズムが完成したことがGoogleのマットカッツ氏より明らかになりました。 http://www.youtube.com/watch?v=0URIeqBPVZ8   オーソリティのあるサイトとは オーソリティがあるサイトというのは「その分野の情報提供サイトにおいての権威」に位置づけされるもので、所謂「誰もが認める昔からの大規模なサイト」という認識で良いかと思います。今…

続きを見る

canonicalタグの指定による重複コンテンツ対策

前回の更新で記載しました「ECサイトの重複コンテンツの発生について」(Google+ ウェブマスター ハングアウト)でも言及されておりました通り、重複コンテンツの対策としましては「それぞれの文章をオリジナルのものにする」か、「canonicalタグの指定による重複コンテンツ回避」が挙げられます。   特に、ECサイト等のように類似した商品ページが多数存在してしまいがちなサイト構造の場合は、canonicalタグを用いた重複コンテンツ対策が推奨されます。   …

続きを見る

ECサイトの重複コンテンツの発生について(Google+ ウェブマスター ハングアウト)

  Google+ ウェブマスター ハングアウトにて http://www.youtube.com/watch?v=__8fGDmBxW0   7月5日、Google+のウェブマスター向けハングアウトにて、ECサイトの重複コンテンツ発生について言及されました。重複コンテンツに対する言及は今までも言われてきたことではありますが、Googleの公式見解の中でECサイトの問題として取り上げられております。   ECサイトの重複コンテ…

続きを見る

パンダアップデート更新のアナウンス 対象サイトの条件が緩和

  2013/7/18、Googleのパンダアップデートの修正に関する情報が公開されました。アルゴリズムによるサイト評価の精度が更に向上した模様です。   パンダアップデートの現状 パンダアップデートはサイトコンテンツの重複問題に関する検索エンジンのアルゴリズムアップデートで、実行ごとに不定期にアナウンスが行われておりましたが、6/12のアナウンスを最後に、「毎月10日ほどかけて実施しており、今後はアナウンスはしない」ということが明らかになっており…

続きを見る

【ペンギンアップデート最新情報】今後の外部リンクの在り方

    2013年5月22日ペンギン・アップデート2.0(アルゴリズムの改良)が実施されました。   ペンギンアップデート2.0の影響の範囲は? 実施前の情報では大規模な順位変動の影響が予想されておりましたが、実際の結果としては、全体的に予想を大きく下回る影響が見られております。一部のサイトでは若干の順位の下降も確認されておりますが、大多数の結果にて予想されていた規模の変動は確認されなかったようです。   しかし、影響が確認され…

続きを見る

ガイドライン違反通知時にサンプルURLの提示を開始(米Google)

  ウェブマスターツールの仕様変更に関する情報です。複数の検索アルゴリズムのアップデートに合せ、ガイドラインの違反通知に関しての改善も行われた模様です。   ガイドライン違反サイトへの明確な問題提示 こちらは、Googleのウェブマスターツールを通じてサイト管理者にガイドライン違反を通知する際に、「具体的な違反箇所を示したサンプルのURLもあわせて提示する」という仕様変更のアップデートです。今までは違反通知の際に、ガイドラインに違反した箇所に対して…

続きを見る

ページ読み込み速度の評価をスマートフォンサイトにも適用検討へ

  6/12、Googleのアルゴリズムの変動について「ページ読み込み速度」の要素が順位下方修正の対象として適用なることが検討されているという情報がありました。   何故ページの読みこみ速度が評価基準になるのか PCサイトでは2010年4月に「ウェブページの読み込み速度」のアルゴリズムが取り入れられています。サイトがしっかりと表示されるかどうか、素早く軽快に閲覧できるどうかは、ユーザビリティの向上につながる要素となってきておりますので、昨今増加する…

続きを見る

パンダ・アップデートは毎月実施しているとアナウンス(米Google)

    米Googleにて、パンダアップデートの実施に関しての現状の情報が公開されました。3月のアップデート告知終了のアナウンスより、毎月継続してアルゴリズムが動いているようです。   パンダアップデートは常に行われるようになる パンダアップデートは、サイト内コンテンツを評価する順位アルゴリズムです。3月の手動アップデート以降、通常のアルゴリズム同様に絶え間なく更新される(通常のアルゴリズムと統合)方向で検討が進んでいるとアナウンス…

続きを見る

スパムが多い検索クエリへの検索アルゴリズム更新(米Google)

  昨今、過剰な検索エンジン最適化により著しくユーザービリティが低くなってしまっている検索ワード(スパムクエリ)が目立つようになりました。その問題に伴い、Google側で対策が講じられる動きがみられております。   スパムの傾向が強い検索クエリの結果をクリーンに 日本での対応はまだ未定ではありますが、米国Googleでスパムサイトが多い検索クエリへの対策を行うアルゴリズムの更新が検討されていることがアナウンスされました。主に金融系のワード(例:「payday loans…

続きを見る

スマートフォン向け検索でのランキング変更について

  6月11日、Googleにてスマートフォン向け検索でのランキング変更についての詳細が明らかになりました。   誤ったスマートフォン対応サイト設定に対する順位変動 スマートフォンによる検索エンジン利用者の増加に伴い、誤ったスマホ対応をしているサイトに対するランキング変更のアップデートがGoogleで検討されていることが明らかになりました。   対象となるのは、「スマホ用サイトとPCサイトのURLが異なる設計となっているweb…

続きを見る

Google、クラスタリングの改善に関するアップデート実施

  5月22日、Googleにて検索結果のクラスタリングについてのアップデートが行われたことが発表されました。   ドメインの多様性優先アップデートとは? このアップデートは、検索結果に表示される内容に関するアップデートとなっております。今までの検索結果では、同じドメインからのページが検索結果に多く出現するなどの問題がありました。この問題に対して、多様性を優先したアルゴリズム更新がペンギンアップデート2.0と同時期に行われております。 &nb…

続きを見る

3 / 3123

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.

AdInte

COPYRIGHT © 2020 成果報酬型SEO対策 – SEOホッパー AdInte All Rights Reserved.